ホテル

シンガポール
赤道の1度北に位置するアジア有数の近代国際都市。1965年に都市国家として独立以来多民族都市の多様な表情を見せる東南アジアの流通・経済の中心。
 国名 シンガポール
 言語 英語の普及度が高い
 通貨(円換算) 1シンガポールドル(SDG)=約88円(2018年7月現在) 1SDG=100セント
 旅券の残存有効期限 現地出国時に6ヶ月以上必要
 時差 日本より-1時間
 電圧・周波数 230V 50HZ B・B3・BFタイプ
 飲み水 水道水は飲めるが、ミネラルウォーターの方が望ましい
 気候/服装 1月 最高31℃ 最低25℃/夏服・半袖シャツ   4月 最高33℃ 最低26℃/夏服・半袖シャツ
7月 最高31℃ 最低26℃/夏服・半袖シャツ  10月 最高32℃ 最低25℃/夏服・半袖シャツ
年間を通じて湿度があるので蒸し暑い。水分はまめに取りましょう。
 チップ ホテル:基本的に不要 レストラン:不要 タクシー:不要 その他:ホテルスタッフなど、世話になった時はSGD1〜2、レストランで良いサービスを受けた時はSGD2〜3が目安
 郵便 ハガキ:0.60ドル、封書:1.30ドル(20gまで)
 名物料理 マレー料理、プラナカン料理、ホーカーズ(屋台)
 タクシー タクシー乗り場から乗車するか、ホテルやレストランなどで呼んでもらう
 空港 シンガポール・チャンギ国際空港(SIN)は市内から北西約20km タクシー約20-30分20-30ドル(夜間は割り増しあり) エアポート・シャトル・サービス約20〜30分9ドル MRTシティホールまで30分2.3ドル
 おもな名所 マーライオン、クラークキー、ナイトサファリ、チャイナタウン、アラブ・ストリート、チャイナタウン、ジュロン・バードパーク
(2018年7月更新)シンガポールについてのもっと詳しい情報は シンガポール政府観光局のページ(日本語)を参照ください。

F1シンガポールGP利用ホテル
都市名 シンガポール
ホテル名 マリーナ マンダリン シンガポール
英文名 MARINA MANDARIN SINGAPORE
クラス 客室数 創業年(改築) フロア
Aクラス 575 1988年(2005年) 21
概要
コメント 21階まで吹き抜けになった開放感あふれるロビーが印象的で、マリーナ湾の中心部に位置するデラックスホテル。部屋はエレガントな内装で温かみのある照明で迎えてくれます。マリーナスクエアショッピングセンターの一角を占め、サンテックシティコンベンションセンター、エスプラネードショッピングモール、シンガポールフライヤーなど観光スポットも近い、。
MRT:シティーホール(City Hall)駅から徒歩約10分、エスプラネード駅から徒歩約5分
住所 6 Raffles Boulevard, Marina Square, Singapore 039594
TEL 6845 1000
FAX 6845 1001
ホームページ http://www.meritushotels.com/ja/marina-mandarin-singapore/index.html
ホテル施設・サービス
客室設備 エアコン、バスタブ、ヘアドライヤー、ミニバー、ダイヤル直通電話、テレビ
ホテル施設 ルームサービス、クリーニング、セーフティボックス、レストラン(各国料理、中華、無国籍料理)、バー、プール、フィットネス、宴会・会議場
カード VS, JCB, MS, AMEX
マリーナ  マリーナ  マリーナ
完全とは言えない部分もございますので、あくまでご宿泊の参考としてご利用ください。
※ホテル情報の相違に起因するお客様の損害につきまして、責任は負いかねますので予めご了承下さい。


Copyright (c) 2015 NIPPON EXPRESS TRAVEL CO.,LTD. All rights reserved.