1. 日通旅行トップ
  2. テーマで選ぶ旅
  3. 第19回 チャルカといっしょに東欧雑貨を探す旅

チャルカといっしょに東欧雑貨を探す旅Ver.19ルーマニアのトランシルヴァニア地方へフォークロアを訪ねる旅の決定版

ルーマニアのトランシルヴァニア地方には、色濃くフォークロアが残っている地域があります。
村の名前はシク、メラ、ベリン、トレアなどなど。冬に終わりを告げ、春を迎える少し前の2月の終わり。 村の人たちがいそいそと準備に勤しむこの時期は民族衣装や伝統行事を目にするチャンスでもあります。 一緒に探しに行きませんか?

個人ではなかなか行けないエリアや、個人のお宅を案内するなんとも贅沢で濃い内容のツアーです。
刺しゅう名人や織物名人のおばあちゃん、そして村人たちが美味しいご飯を用意して待ってくれています!

調理風景/イメージ

チューリップにカーネーションにロゼッタと、カラフルで凝った刺しゅうが並びます。

メラ村の刺しゅう名人のおばあちゃん。
時間があればいつも手を動かしています。

ふち編みがかわいい
アンティークリネン。
村まで行けば、手頃なお値段のものがたくさん!

男性用のプラスの袖の部分。民族衣装は代々受け継ぐ大切な財産です。それにしても華やかなこと!

シク村に伝わる独自のモチーフ。
パネルに布を貼って、赤い糸で刺しゅうします。

こんな青い刺しゅうで埋め尽くされた教会があります。
刺しゅうは村の女性が作って持ち寄ったもの。

前回のツアーでは、村人が伝統的な料理を作ってくれました。今回もリクエストしてあるのでお楽しみに!

民族衣装を着せてもらいました。これは結婚式の衣装。動けないほど重かったです。

古いプラスやスカートやクロスは手織りに手刺しゅうです。手仕事好きにはたまらない光景。

※写真はすべてイメージです。写真提供:チャルカ

募集要項

旅行期間 2013年2月22日(金)〜3月2日(土)9日間
旅行代金 (大人・お一人様・エコノミークラス利用・2名1室利用)

328,000円 (成田、関西発着共)

燃油サーチャージ(目安:53,510円/12月1日現在)が別途必要となります。

※また、国内空港施設使用料(関西2,650円、成田2,040円)および海外空港諸税(約4,400円〜6,980円)が必要となります。

※燃油サーチャージ、空港諸税は2013年1月22日に金額が確定します。

※成田からご出発の方については成田空港旅客保安サービス料(500円)も必要となります。

一人部屋追加代金 34,000円
利用予定ホテル ブカレスト/PULLMAN BUCAREST WORLD TRADE CENTER、IBIS GARA DE NORD、RIN GRAND
スフントゥ・ゲオルゲ/HOTEL SUGAS
クルージュ・ナポカ/HOTEL AGAPE、HOTEL VICTORIA、HOTEL TOPAZ
パリ/ノボテル・トゥールエッフェル、プルマン・ベルシー、マリオット・リブ・ゴーシュ

※3人部屋はできないホテルがありますのでお申込み時にご確認下さい。

利用予定航空会社 エールフランス航空、タロム航空(ルーマニア国内線)[エコノミークラス]
食事 朝食7回、昼食4回、夕食2回(但し、機内食は含まれません)
添乗員 成田空港より1名同行いたします。
関西発着の方は1日目のブダペスト到着時から8日目のパリ出発時まで添乗員が同行してお世話いたします。
最少催行人員 成田・関西あわせて15名様
旅券(パスポート)について 【日本国籍の方】:査証は不要。旅券の残存期間は3ヶ月以上必要です。
【外国籍の方】:お問い合わせください。
お申込締切日

2013年1月21日(月)

※但し、募集定員になり次第、締め切りさせていただきます。

延泊について 延泊(帰国日の延長)をご希望される場合は、変更に伴う諸費用ならびに実費および変更手数料(3,000円)にて手配いたします。
ただし、予約状況により変更できない場合もございます。(現地での変更はできません。)
添乗員は同行しませんので、現地係員がご案内いたします。※手配旅行契約になります。

日程表

  月日 訪問都市 現地
時刻
交通
機関
スケジュール
1 2013年
2月22日
(金)
関西空港発 <午前> 航空機 成田空港・関西空港より空路、ルーマニアの首都・ブカレストへ。
(途中、パリにて乗り継ぎます)
成田空港発 <午前> 航空機
(欧州内都市)
ブカレスト着
<夜> 航空機
専用バス
着後、専用バスにてホテルへ。

ブカレスト泊/食事なし機内食食事なし

2 2月23日
(土)
ブカレスト

ベリン

スフントゥ・ゲオルゲ
<午前> 専用バス ブカレストを出発し、市内を車窓見学しながらベリンへ向います。

※ファルシャングのお祭見学と昼食

<午後> アラチ村へ。
有名なアラチ刺しゅうをご覧いただきます。
その後、スフントゥ・ゲオルゲへ。
着後、ホテルへ。

※見学予定のお祭は現地主催者の都合、または天候等により急遽中止や内容の変更などがある場合があります。
その場合当社は責任を負いかねますが、できる限り当社予定のサービス内容に近づけるよう手配の努力を致します。
またそれに伴う旅行代金の変更はございません。

<スフントゥ・ゲオルゲ泊/朝食昼食夕食

3 2月24日
(日)
クルージュ・ナポカ <午前> 専用バス セーケイ民族博物館見学(◎)
その後、ヴァレア・クリシュルイにて刺しゅうの飾られたハンガリー教会(ブルー教会)を見学。
<午後> トランシルバニアの中心都市、クルージュ・ナポカへ向かいます。
着後、ホテルへ

<クルージュ・ナポカ泊/朝食昼食夕食

4 2月25日
(月)
クルージュ・ナポカ <終日> 専用バス クルージュ・ナポカ近郊の村をご案内。
メゼーシェーク地方の代表的な村・シクを訪問。
シクの教会(シクプロテスタント教会)、伝統的な衣装や家の装飾、ビーズ細工や民芸品など、村人たちの手仕事雑貨をご覧いただきます。
昼食は村の人たちの手料理を頂きます。

<クルージュ・ナポカ泊/朝食昼食食事なし

5 2月26日
(火)
クルージュ・ナポカ <終日> 専用バス クルージュ・ナポカ近郊の村をご案内。
フォークロアの宝庫として有名なカロタセグ地方の村々を訪問。
衣装や室内装飾、民芸品など他の地方とは異なる雑貨をご覧頂き、村の人たちと一緒に刺しゅうや昼食・お菓子を作ります。

<クルージュ・ナポカ泊/朝食昼食食事なし

6 2月27日
(水)
クルージュ・ナポカ

ブカレスト

パリ
<午前> 専用バス
航空機
専用バスにて空港へ。
(早朝出発の場合、朝食がお取りいただけないこともあります。)
空路、ブカレストへ向かい、乗り継いでパリへ。
着後、ホテルへ。

<パリ泊/朝食食事なし食事なし

7 2月28日
(木)
パリ <終日>   自由行動

<パリ泊/朝食食事なし食事なし

8 3月1日
(金)
パリ発
(成田行き)
(関西行き)
<午前> 専用バス
航空機
航空機
専用バスにて空港へ。
成田・関西組に分かれて、空路、帰国の途へ。

<機内泊/朝食機内食機内食

9 3月2日
(土)
関西空港着
成田空港着
<午前>
<午前>
  成田空港・関西空港に到着
着後、解散となります。

機内食食事なし食事なし

※上記日程は2012年9月13日を基準に作成しておりますで、内容に変更が生じる場合がございます。
※マークの説明:朝食朝食 昼食昼食 夕食夕食 機内食機内食 食事なし食事なし ◎入場観光
■時間帯の目安/早朝=04:00〜05:59 朝=06:00〜07:59 午前=08:00〜11:59
午後=12:00〜17:59(昼=12:00〜13:59、夕刻=16:00〜17:59)夜=18:00〜22:59 深夜=23:00〜03:59

■写真について:
☆掲載している写真は撮影時のアングル・天候など諸条件により、実際にご覧になる景観とは異なる場合があります。また「イメージ」と付記されている写真は、旅行日程とは関係ない旅行目的地のイメージ、旅情等を表現したものです。

■外務省の「海外危険情報」について:
渡航先(国又は地域)によっては、「外務省海外危険情報」等、国・地域の渡航に関する情報が出されている場合があります。
外務省海外安全ホームページ」でご確認下さい。 渡航先(国または地域)の衛生状況については、「厚生労働省検疫感染症情報ホームページ」でご確認下さい。

お問い合わせ・お申し込みは

※お申込みいただく前に「海外募集型企画旅行条件書 」を必ずお読み下さい。

Get ADOBE READER
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。

日通旅行株式会社 大阪支店 営業第二課
担当:水野・大西
TEL: 06-6232-0163 FAX:06-6232-0157

〒541-0041 大阪市中央区北浜1-1-6 日通北浜ビル2階
営業時間:月〜金 9:00〜18:00(土・日・祝日は休み)
総合旅行業務取扱管理者:森尾 真之

※総合旅行業務取扱管理者とは、お客様の旅行を取り扱う営業所での取り引きに関する責任者です。この旅行契約に関し、担当者からの説明にご不明な点があれば、ご遠慮なく上記の取扱管理者にお尋ねください。
  • 旅行企画・実施
日通旅行
[日通旅行株式会社 大阪支店]
観光庁長官登録旅行業第1937号
大阪市中央区北浜1-1-6
JATAマーク
一般社団法人
日本旅行業協会正会員
マーク
旅行業公正取引
協議会会員

旅行条件・旅行代金の基準日 2012年12月27日
東旅業広IT第35号 2012年12月27日

ページTOPへ