1. 日通旅行トップ
  2. テーマで選ぶ旅
  3. 牧山純子さんと行く「ルチア〜スロベニア組曲」の旅

牧山純子さんと行く「ルチア〜スロベニア組曲」の旅

ツアーのポイント

Point
1

牧山純子さんのスロベニアでの演奏を満喫!

スロベニアで現地の空気を感じながらのツアー参加者だけのプレミアムなミニライブを楽しみます。
Point
2

「ルチア〜スロベニア組曲」の世界を実際に体験!

アルバムの曲のモチーフになった場所やミュージックビデオに使用された場所などを訪れ、
アルバムの世界観を味わいます。
Point
3

牧山純子さんとのディナーを満喫!

牧山純子さんと一緒にディナーをお楽しみいただきます(1回を予定)。

日程

月日 発着地 現地
時間
交通
機関
摘要 食事
1 2019年
5月18日
(土)
成田発
ヘルシンキ着
ヘルシンキ発
リュブリャナ着
11:00
15:00
17:00
18:40
AY 074

AY1201
専用バス
成田発にて空路、ヨーロッパ内都市乗り継ぎでスロベニアのリュブリャナへ向かいます

リュブリャナ到着後、ホテルへ

リュブリャナ泊

機内食
機内食
夕:×
2

5月19日
(日)

リュブリャナ
ブレッド

リュブリャナ
午前


午後
専用バス ブレッドへ(所要時間1時間)
ブレッド湖観光/アルバムの曲にもあるプレトナ・ボートに乗って、ブレッド島の聖マリア教会(入場)などを観光
その後、リュブリャナへ戻ります
リュブリャナ市内観光/リュブリャナ城(入場)、ドラゴン橋(下車)など

リュブリャナ泊

朝:○
昼:○
夕:○
3

5月20日
(月)

リュブリャナ
コペル
ピラン
午前

午後

専用バス コペルへ(所要時間1時間15分)
ワイナリー見学(入場)
ピランへ(所要時間30分)
ピラン観光/タルティーニ博物館(入場)、聖ジョージ教会(入場)
牧山純子さんのライブを鑑賞、一緒にディナーも楽しみます

ピラン泊

朝:○
昼:○
夕:○
4

5月21日
(火)

ピラン
ポストイナ
リュブリャナ
午前

午後
専用バス ポストイナへ(所要時間1時間)
ポストイナ鍾乳洞をトロッコ列車と徒歩にて観光(入場)
その後、リュブリャナへ戻ります
自由行動

リュブリャナ泊

朝:○
昼:○
夕:○
5

5月22日
(水)


リュブリャナ発
ヘルシンキ着
ヘルシンキ発

10:40
14:20
16:45
専用バス
AY1202

AY 071
空港へ
空路、ヨーロッパ内都市乗り継ぎで帰国の途へ

<機中泊>

朝:○
機内食
6

5月23日
(木)

成田着 08:05 成田到着後、解散 機内食
■時間帯の目安:早朝=04:01〜06:00 朝=06:01〜08:00 午前=08:01〜12:00 午後=12:01〜18:00 夜=18:01〜23:00 深夜=23:01〜04:00

※上記日程は、天候・交通機関の変更・遅延、現地事情等により変更になる場合があります。

牧山純子プロフィール(公式HPより)

武蔵野音楽大学を卒業後フランスで研鑽を積み、帰国後ソリストとして多数コンサートに出演。

2002年にバークリー音楽大学に入学しジャズヴァイオリンを専攻。在学中にデイビッド・フォスター(p)やスティーブン・タイラー[エアロスミス]とも共演。2002年NHK紅白歌合戦(平井堅「大きな古時計」)ではアメリカから衛星生中継で出演した。

2008年にポニーキャニオンより自身のアルバム『ミストラル』でメジャーデビュー。翌年にはフジTV系ドラマ「BUZZER BEAT〜崖っぷちのヒーロー〜」の音楽を担当。音楽シーンのみならずテレビ・情報ライブ『ミヤネ屋』のコメンテーターや、バッグメーカー“キプリス”フライヤーズスタイルのアンバサダーを務めるなど、多岐にわたる活動で注目を集めてきた。

2016年2月には自身初の著書「ジャズとエロス ?ヴァイオリニストの音楽レシピ?」(PHP新書)を上梓。 6月には中央ヨーロッパの風光明媚なスロベニア共和国にて独立25周年記念のコンサートにゲスト出演。現地のアーティストとコラボしオリジナル曲を初披露。好評を得る。

2017年11月15日にデビュー10周年記念アルバム『ルチア?スロベニア組曲』を初のセルフプロデュース作品としてリリース。今回は通常版の他にスロベニアで撮影してきたDVD付の初回限定盤を発売。
またこの作品で、スロベニアと日本の音楽で架け橋になった功績が認められ、ジャズジャパンアワード2017の特別賞を受賞。

18年4月より全国コミュニティFE82局で放送される番組「牧山純子 サウンドマリーナ」スタート。

現在、全国で自身のライブ、テレビ、ラジオ、レコーディング、コンサート等、ジャズ、ポップス、クラシックとジャンルを問わず精力的にマルチな活動を継続中。

牧山純子ホームページ:http://www.junkomakiyama.com/index.html

(写真:牧山純子さん提供)

スロベニアへようこそ

(CD「ルチア〜スロベニア組曲」封入の牧山純子さんによるスロベニア紹介から引用)
(写真:牧山純子さん提供)

正式国名はスロベニア共和国。総面積は20,273平方キロメートル(四国くらいの大きさ)で、ほぼヨーロッパ中央部に位置していて人口は約206万人。国土の約60%を森林が占め、北西部はアルプス山脈の山岳地帯、東部にはパンノニア平原と呼ばれる低地が広がり、南西にはアドリア海に面した海岸地方をもっています。

それでは「そぞろ歩き〜スロベニアの街角にて〜」ご一緒に散歩をしましょう!

@ブレッド
ブレッド湖は「スロベニアの真珠」、「アルプスの瞳」と称される美しき氷河湖。湖畔の崖の上に立つスロベニア最古のお城「ブレッド城」や湖に浮かぶ「聖マリア教会」はおとぎ話の舞台のよう。初めて訪れた際には、時を忘れてずっと佇んでいました。
目から入ってくる湖や空の色、肌が感じるキラキラした空気、風が運んでくる自然の香り、聴こえてくる教会の鐘の音、五感に沁み入る幸福感に満たされます。そして大地を踏みしめる足元から噴き上がるエネルギーは、筆舌に尽くしがたし。ここは私にとって心も体も綺麗にしてくれる大切な場所です。
豆知識を1つ。手漕ぎボートで渡り訪れる聖マリア教会の鐘は「鳴らすと願いが叶う鐘」として知られています。特に恋愛に関する願いが叶うとか!願いが叶うなら教会までの99段の石段も苦しくないかもと思ったけど、やっぱり苦しかったな(笑)


  • ブレッド湖(イメージ)

  • 曲にもなっているブレッド湖の渡し船プレトナ(イメージ)

Aリュブリャナ
スロベニアの首都であるリュブリャナには、ヴェネチア共和国やハプスブルグ家からの影響を受けたルネッサンス様式やバロックの教会が立ち並ぶ旧市街が今も存在しています。中世の趣を残していてとても美しいところです。ドラゴン橋、三本橋、リュブリャナ市庁舎、プレシェーン広場、クリジャンケ修道院跡、チボリ公園、リュブリャナ城と見所もコンパクトにまとめられていてお散歩コースには最適。ちょっと歩き疲れてカフェやレストランに入っても、どのお店もお洒落で美味しい!食が充実しているところも私好み!22時を過ぎても夜の散歩ができる治安の良さも嬉しいところです。同じ場所でも光や照明や時間によって様々な表情を見せてくれる街歩きには飽きるということがありません。


  • ドラゴン橋(イメージ

  • リュブリャナ(イメージ)

  • リュブリャナ(イメージ)

  • リュブリャナ(イメージ)

Bコペル
実はスロベニアは豊かな自然を有する小さなワイン王国。独自品種が数多くあり、無農薬・有機栽培で育てられた葡萄のみを使用して造られるビオワインやアンフォラ(壺)ワインなど多種多様なワイン造りが盛んです。今回のそぞろ歩きでは国内最大規模のワイナリー、ヴィナコペルを散策しました。私は元来お酒に弱く、飲むとすぐ赤くなってしまうのですが、スロベニアのビオワインは、私にも飲みやすく、気づくといつも以上にいただいています。ワインとともにお話を伺う中でジャズ演奏とワインには通じる部分があると感じました。同じ年に造られたワインでも保管方法や開ける場所によって味は変わるそうです。そして飲んでいる間にもグラス、空気によって変化していくということ。ジャズライブでの演奏も同じようなことがあります。楽器編成や店舗の環境によって、同じ曲であっても演奏は違ってくるものです。それに加えて演奏者のコンディション、お客様の視線やエネルギーによってどんどん変化していきます。特にアドリブ(即興演奏)は、その場を共有した人たちだけが体感し、二度と同じものを味わえない一期一会のジャズの魅力が凝縮された部分だと言えます。そんなジャズに心奪われたように、スロベニアワインにハマリ中です。


  • ヴィナコペル(イメージ)

  • ぶどう畑(イメージ)

Cピラン
アドリア海のピラン湾に面し、トリエステ湾に挟まれた細い半島に位置する小さな港町。車移動であれば首都リュブリャナに行くよりイタリアのトリエステに行くほうが近いとか。ピランはベネチア帝国とオーストラリア=ハンガリー帝国の影響を受け、スロベニアのどの地域とも異なるユニークな史跡を見ることができます。町の広場にはピラン出身のヴァイオリニスト・作曲家のジュゼッペ・タルティーニの銅像が建っています。彼の代表作は「悪魔のトリル(Devil’s Trill sonata)」。タルティーニの夢の中に悪魔が出てきてヴァイオリンを弾き、その美しさに目が覚めてからすぐ書き取ったという伝説で有名な超絶技巧のヴァイオリン楽曲です。この広場横の小道からゆるやかに伸びる坂道を上っていくと、町で一番大きな聖ユーリ教会(英名:聖ジョージ教会)のある丘にでます。教会の近くにはフランシスコ会修道院があり、ここから町はもちろん、イタリアやクロアチアも一望できます。この街、港町だけあって魚介料理が最高に美味しいです。目によし腹によしそしてヴァイオリンに縁がある土地ということで私にとってスロベニア訪問の際は絶対に立ち寄る街となりました。
タルティーニ広場向かいにある彼の生家は、現在タルティーニのバイオリンやデスマスク、ポートレイトなど、ゆかりの品々を展示した記念館「タルティーニハウス」としてあり、今回館長さんから特別に許可をいただき生家内のホールで気持赴くままヴァイオリンを奏でました!ヴァイオリンが気持ちよさそうに鳴っていたのが印象的でした。


  • タルティーニ広場(イメージ)

  • ピラン(イメージ)

旅行募集要項

旅行期間 2019年5月18日(土)〜5月23日(木)6日間
旅行代金

398,000円(大人・お一人様・エコノミークラス利用・2名1室ツイン又はダブル利用)

成田空港施設使用料、各国空港税、航空保険料、国際観光税は旅行代金に含まれております。

燃油サーチャージ(目安:36,300円/2019年1月31日現在)が別途必要となります。

※金額はご出発前の1ヵ月前に確定し、請求書にてご案内いたします。

※ライブ料金は旅行代金に含まれております。

※牧山さんは5月20日のライブとディナーのみご一緒いたします。

ビジネスクラス追加代金 370,000円※成田〜ヘルシンキ間の往復のみビジネスクラス利用
一人部屋追加代金 50,000円(4泊分シングルルーム利用)
※お一人様参加での相部屋希望は承っておりません。
利用予定ホテル リュブリャナ/下記のホテルいずれか
AUSTRIA TREND LJUBLJANA、M HOTEL、FOUR POINTS BY SHERATON、LEV、PLAZA、GRAND HOTEL UNION、INTERCONTINENTAL

ピラン/HOTEL PIRAN(シャワーのみ)
利用予定航空会社 フィンエアー(AY)[エコノミクラス]
食事 朝食4回、昼食3回、夕食3回(但し、機内食は含まれません)
添乗員 同行してお世話いたします。
最少催行人員 15名
旅券(パスポート)について 【日本国籍の方】:残存有効期間が8月23日以降まで有効な旅券が必要です。
【外国籍の方】:日通旅行担当者までお問い合わせください。
お申込締切日 2019年4月2日(火)
※但し、募集定員になり次第、締め切りさせていただきます。

お申し込み方法

  1. まずはお電話、メールで下記の「お問い合わせお申し込みは」まで残席確認をお願いいたします。
  2. 残席ありの確認がとれましたら、申込書をダウンロードし、必要事項をご記入のうえFAX,メールまたは郵送にてお送りください。
  3. 申込金の振り込み
    申込書を送付後、1週間以内に申込金50,000円を下記口座までお振り込みください。
    振込口座
    銀行名・支店:みずほ銀行 第二集中支店
    口座番号:(普通)3730290
    口座名義:日通旅行(株) ニッツウリョコウ(カ
  4. お申込受付後、各種ご案内をお送りいたします。

※お申し込みいただく前に「海外募集型企画旅行条件書 」、
個人情報の取り扱いについて」を必ずお読みください。

PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。

■旅行保険について:

日通旅行では万一の怪我や病気・盗難などの事故に備えて旅行保険へのご加入をおすすめいたします。 ご希望の方は旅行申込書の所定欄にご記入いただくか、弊社担当者までお問い合わせください。

■写真について:

掲載している写真は撮影時のアングル・天候など諸条件により、実際にご覧になる景観とは異なる場合があります。 また『イメージ』と付記されている写真は、旅行日程とは関係ない旅行目的地のイメージ、旅情等を表現したものです。

■外務省の「海外安全情報」について:
渡航先(国または地域)によっては「外務省海外安全情報」等、国・地域の渡航に関する情報が出されている場合があります。
外務省海外安全ホームページ」でご確認ください。

■渡航先の衛生状況について:

渡航先(国または地域)の衛生状況については、「厚生労働省検疫感染情報ホームページ」でご確認ください。

お問い合わせ・お申し込みは

日通旅行株式会社 団体営業部 営業第二課

〒100-0004 東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル1階
「牧山純子 スロベニアの旅」係

TEL:03-6256-0172 FAX:03-6212-1522
担当:舩倉(ふなくら)、佐藤、稲田
Mail:a-inada@nittsu.co.jp



営業時間:月〜金曜日9:00〜18:00 土・日・祝日休業
総合旅行業務取扱管理者:稲田 篤

※総合旅行業務取扱管理者とは、お客様の旅行を取り扱う営業所での取り引きに関する主任者です。この旅行契約に関し、担当者からの説明にご不明な点があれば、ご遠慮なく上記の取扱管理者にお尋ねください。
  • 旅行企画・実施
日通旅行
[日通旅行株式会社 総合営業部]
観光庁長官登録旅行業第1937号
東京都港区新橋1-5-2
JATAマーク
旅行業公正取引協議会会員マーク

旅行条件・旅行代金の基準日:2019年1月31日
承認月日:2019年2月12日
承認番号:業推広第013号

ページTOPへ