World Sports Tour 日通 ワールドスポーツツアー 日通旅行
HOME F-1
 

F1

ベルギーGP
2012 Formula 1 BELGIAN GRAND PRIX
2012ベルギーGPだより。。。ツアーのご参考にどうぞ!
なお2013年の決勝は9月1日予定です。
スパフランコルシャンサーキット
金曜は大雨で大変だったが、土・日曜は天候に恵まれたスパフランコルシャン。チケットの売れ行きもよく、サーキット内は人で溢れ、マップに載っていないスタンドも増設されたり、昨今の欧州危機の影響を感じることはなかった。気温は例年に比べて涼しく、風にあたると肌寒く感じた。

土曜の予選はポールにバトン選手、そして可夢偉選手が自己最高位となる2番手を獲得、3番手にはマルドナード選手、4番手はライコネン選手と続いた。中でも可夢偉選手の2番手はうれしいニュースで、日曜日のスタートをしっかり決めれば。。。と思っていたが、決勝のスタートはとんでもないアクシデントが起こってしまった。

日曜日も晴れ。雨の心配はほとんどなし。過ごし易い気温で決勝の日を迎えた。駐車場にはすでにたくさんの車が停まっている。車を降りてサーキット内へ入ると、昨年より多い観客たちが押寄せ、F1ビレッジ内は人で埋まり、動くのも間々ならない状況。トイレもタイミングを見ないとかなり時間がかかる感じだ。決勝のスタートまでサポートレースが行われ、お昼からはドライバーズパレードや各種セレモニーがあり、あっという間に午後2時、フォーメーションラップが終わり、1台の車から白煙が上がっている。可夢偉選手のザウバーマシーンだ。しかし、そのままグリッドに着きスタート! 可夢偉選手のマシーンは後方に下がったと思ったら、ラソースで多重クラッシュが発生。飛び散るパーツを尻目に難を抜け出した車がラディオンを駆け上がるが、すかさず、セーフティカーが入り仕切り直しとなる。スクリーンでスロー再生を見ると凄まじいクラッシュだった。特にアロンソ選手の前には宙に浮くグロージャン選手のマシーンが交差する画は衝撃的だった。可夢偉選手も巻き込まれ、厳しい状況となった。ようやく、レースが再開され、ポールのバトン選手がトップ。2位にはライコネン選手と続く。レースは順調に進み、ラソース、オールジュ、ケメルストリート、バスストップシケインなどあちらこちらでパッシングが見られ、スリリングなスパフランコルシャンらしいレース展開が続いた。そして優勝はポールトゥウィンのJバトン選手、2位は怒涛のパッシングを魅せたSベッテル選手、3位は手堅いレースをしたKライコネン選手となった。今年途中から名物となったポディウムでのインタビューは、ベルギー出身の名ドライバーJacky Ickxが務め、表彰式にはたくさんの観客が押寄せた。

毎年、開催が危ぶまれるスパだが、2015年まで契約延長され、来年もこのサーキットでアグレッシブなレースが観られる!ぜひ、皆様の御参加をお待ちしております。
また今年もたくさんの方々に弊社ベルギーGP観戦ツアーへご参加いただきました。この場をお借りして御礼申し上げます。
スパ
スパ
スパ
土曜日のF1ビレッジ。シェルブース内ではフェラーリが展示され、写真を撮っていた。また今年はジャイアントビジョンも設置され、このビレッジ内でもレース観戦が可能になった。
特に人が多かったのは、このロータスF1のオフィシャルショップ。サーキット内のお客様もKIMIグッズを身に纏っているファンが多く思えた。
ブロンズエリア。簡易トイレとその後に陣取る大きな脚立で観戦する兵達
スパ
スパ
スパ
レコームのゲートを出てケメルのゲートから再入場。日ごとのチケットにはICチップが入っており、入退場の都度にチェックが必要。そして各ゲートでは今年もシェルのストラップが無料配布されていた。
いつもの絶景ポイント。ここも観客たちが多かった。それにしても見晴らし抜群!
各チームのトレーラーが多く並べられたCampusエリア
スパ
スパ
スパ
バスストップシケイン近く。いつでも雨が降ってもいいように(?)傘がかかっていた。 ピットスタンドがあるメインビルディング。ビジョンの下には表彰台がある。 ピットレーン出口付近。パドックエリアにはモーターハウスもあり、立ち止まって見る人が多い人気スポット
スパ
スパ
スパ
コース外。駐車場からサーキットへ向かう道に造られた露店ショップ。掘り出し物もあり、足を止めて買い物をするファンも多い。
コース外。駐車場からサーキットへ向かう道。車、バイクなど行き交うので、渡る時には注意が必要
コース外。ベルギー名物フリッツ(フライドポテト+マヨネーズ)。注文してから揚げてくれるのでヤケドに注意。しかしとても食べやすくおいしかった。
日曜(決勝)の様子
フランコルシャン
スパ
フランコルシャン
日曜はさらに多くのファンで賑わう。天候にも恵まれ絶好の観戦日和だが、スパウェザーもちょっとほしいかなぁ F1ビレッジ内でファンは思い思いに観戦。見ている風景はラディオンだ。 ラディオンとGOLD3スタンド
サーキット内の飲食店が様変わりし、昨年まであったワッフル屋がなくなっていた。
スパ
スパ
スパ
決勝レース終了後
レースコースに入る。ラディオンのコース上に寝そべる人あり。ここに立って始めて傾斜の凄さがわかる。
決勝レース終了後
オールージュからラソースに向けて歩く。。。近いようで。結構な距離と斜度がある。
決勝レース終了後
ラソースよりピットスタンド方向を見る。これにて今年のF1ベルギーGPは終了
宿泊地ブリュッセルの様子
ブリュッセル
ブリュッセル
ブリュッセル
今年のグランプラスではビールフェスティバルが行われ、たくさんの人で賑わっていた。 ギャルリ・サンテュベール付近にて。露店が建ち並び、夕暮れ時には買い物客で溢れていた。 300年の歴史を誇る王立モネ劇場
宿泊地ヘルシンキの様子
ベルシンキ
ヘルシンキ
ヘルシンキ
ミカミカスクエア。ちょっと寂しかったが、学校の近くに建っており、学生達がベンチに座っていた。 ヘルシンキ中央駅。ここからフィンランド国内の各都市へ向けて列車が出発する。 ヘルシンキ大聖堂と元老院広場。ヘルシンキの象徴的な建物。近くにはムーミンショップあり
ヘルシンキ
ヘルシンキ
ヘルシンキ
ヘルシンキ地下鉄。5-10分間隔で運行。かなり地下深いところを走っているので、ホームまで遠い。
ちなみにヘルシンキのメインになる公共機関は黄緑のツートンカラーのトラム
フィンランド、スウェーデン、エストニア、ラトビアなどバルト海に面する主要都市を結ぶ定期航路フェリー“シリヤライン” フィンエアーの拠点となるヘルシンキ・ヴァンター空港。改修されたターミナルは乗り換え便利になった。空港内はWIFIフリー

ページトップへ戻る

 
個人情報保護について
サイトのご利用にあたって
旅行業約款
旅行業登録票他
旅行条件書
Copyright 2012 NIPPON EXPRESS TRAVEL CO.,LTD All rights reserved.